2015/01/11

危険物取扱者の試験に出題実績のある「?」論点

※ヨウ素価(と自然発火) 
 不乾性油、半乾性油、乾性油の数値について、「不乾性油100以下、半乾性油100~130、乾性油130以上」 と記載されています。平成22年頃です。100と130についに範囲が不明確であり、訂正すべきと指摘しました。この区切りが不明確である部分は、設定当初から存在していたようです。
 ネット検索すると、130については、130未満という記載の記述もあります。有名ネット事典では、以前のまま上記のように記述されています。
 閲覧された人は、疑問に思わないでしょうか。

同日15:36一部訂正
 この指摘の時期は、平成21年前半です。失礼しました。乙種を4種類以上取得したことにより、甲種を受験しました。その際に出題された記述が論理的におかしいため、試験問題(大阪受験)の開示等を求めたものです。参考書等の記載も上記記載のとおりのため、出版社・執筆者の方にも申し出ました。この一問で、合否の変わる受験生がいたのかは不明です。
私は、この分野+1問だとしても基準点(40%)に到達しません(2つの他分野は各々合格点です)。

コンピューター処理7・IT化が急速に進む中、形式的数値処理ができず誤作動のもとにならないかと、ふと思います。
プログラムの基礎である2進数処理では、この部分どのように処理されるのでしょうか。

なお、乙2を受験(科目免除)して、現在全類取得済みです。

コメント

非公開コメント